バイコロジーで精力アップ!血流量を増やすために自転車に乗ろう

 

若い頃に比べて精力が減退していると実感したら

仕事が順調に行っている人であっても、若い頃に比べて勃起力が不足したりED気味になることを感じることがあるでしょう。

 

 

女性とは異なり、男性の場合にはマンネリだけでなく、精力が衰えていることが原因で、行為中に中折したり硬さが十分に保てないことが出てきます。

 

 

ストレスが原因となることもありますが、生活習慣にもヒントが隠されていることが珍しくありません。

 

 

バイコロジーもそのひとつ。

 

 

自転車のBikeと生態学・エコのEcologyとの合成語であるバイコロジーが進む中、自転車の健康効果が注目されています。

 

 

自転車を漕ぐことで、ストレス解消と精力アップが狙えるとしたら、まさに一石二鳥ですよね。

 

 

 

脚の筋肉を鍛えて血流促進をしよう

 

年齢と共に基礎代謝量が下がることにより、メタボ気味になる人が増えてきます。

 

 

若い頃よりも運動をする機会が少なくなったと感じていたら、もう一度筋肉を鍛えて増やしてあげれば良いわけです。

 

 

自転車に目的意識を持って乗るバイコロジーは、医学的根拠に基いて提唱されていますが、ED対策としての役割が追加されました。

 

 

自転車を漕ぐことで、筋肉量と血流量を同時に上げて、精力アップを狙うことが可能です。

 

 

人間の体でも大きな筋肉が集まっているのが下半身ですから、自転車を漕ぐことは結果的にED改善にも役立つわけです。

 

 

 

勃起力を蘇らせるには十分な血流量が必要です

 

自転車を漕いで好きな場所に行くだけで、日常生活で感じているストレスが発散されることは知られています。

 

 

さらに、男性の下半身強化に自転車は有効です。

 

 

脚の筋肉は、表側と裏側両方に付いているので、ペダルを踏むよりもクランクを回すイメージで漕げば、自然と脚全体の筋肉を流れるように使えるでしょう。

 

 

ふくらはぎの筋肉は第二のポンプとも言われているほど、心臓から排出される血液を心臓へ戻す役割を担っています。

 

 

自転車を漕ぐと反復動作がされるので、繰り返しポンプ動作が行われて、身体全体に血液が巡りやすくなるわけです。

 

 

ペニスが勃起する際には、海綿体に普段よりも多くの血液が流れ込んで滞留することにより、勃起力が維持される仕組みとなっています。

 

 

 

 

若い頃には心臓や筋肉により血の巡りが良いので、自然とペニスの硬さも勃起力も維持できます。

 

 

ですが、自動車やエスカレーターを利用する機会が増える中高年になると、運動不足が重なり、全身の筋力が徐々に落ちてしまいます。

 

 

中年に差し掛かるころになり、メタボ気味になる状態は、精力減退を感じる時期と一致するでしょう。

 

 

大きな筋肉が多数ついている脚を鍛えることで、同時に血液循環も良くしてペニスに流れ込む血流量をアップさせれば勃起力も改善します。

 

 

 

自転車は立派な有酸素運動!メタボ対策にも

 

ジムで運動するだけでは、景色が変わらずに苦痛に感じる人も多いですが、自転車で漕ぐ時には毎回別のルートを通ることも可能です。

 

 

息が切れるほど頑張らなくとも、一定時間自転車を漕げば、立派な有酸素運動になってメタボ対策にもなります。

 

 

なにより自転車は楽しいですし、日頃たまったストレスの発散方法としても優秀です。

 

 

そのうえ精力アップにもつながるのですから、早速始めてみてはどうでしょうか。

 

 

実力派を厳選 精力&勃起力をアップする精力剤!

 

最高品質の男性用サプリを徹底解説!