4WD車のメリットと査定額が高い理由

4WD車のメリットと査定額が高い理由

 

 

今も昔も、4WDのクルマは売却時に高い値段がつく傾向があります。

 

リセールバリューを考えた車選びをするなら、4WD車は候補から外せないかもしれません。

 

なぜ4WD車は需要があり高く売れるのか?について、その魅力とともに解説していきます。

 

 

 

車には2WDと4WDがある

 

自動車の駆動方式には大きく分けて、2WDと4WDがあります。

 

2WD(二輪駆動)は4つあるタイヤのうち、前か後ろの2つのタイヤに動力が伝わり車を動かします。

 

それに比べて4WD(四輪駆動)は4つあるタイヤ全てに動力が伝わり、自動車を動かすという違いがあります。

 

このことから4WDは2WDで走る車よりもしっかりと地面を掴んで走れるのでパワーや安定感があり、悪路などでは特に活躍します。

 

一部の車種は目的に合わせて2WDと4WDに切り替えることが可能な車もあります。

 

 

 

4WDのメリット

 

悪路というと積雪時や急な坂道を思い浮かべるので、地方で乗ることのメリットが多そうな4WDですが、それだけではありません。

 

都市部でも高速道路を走行するときの横風に強かったり、大雨で滑りやすくなっている場合にも走行安定性能を発揮するので、そのメリットは万能だといえます。

 

デメリットとしてあげるなら、車重が増すため少し燃費が悪くなることがありますが、上記のメリットを考えるとあまり気になるほどではないでしょう。

 

このメリットが大きいことも4WD車の査定額が高い理由のひとつです。

 

 

 

人気や需要があると査定額は高い

 

最近はキャンプやアウトドアなどが人気なこともあり、大きな車が人気です。

 

その中でも4WDのSUVやクロスカントリー車は、海や山へと路面を選ばず、毎シーズンたくさんの人や荷物を載せて走ることができます。

 

そのことから、年式の古い車でも査定が高い傾向にあります。

 

また、SUVタイプの自動車は運転席の位置が高く周りが見渡しやすいというのも、運転が苦手な女性や免許を取ったばかりの初心者に人気なポイントです。

 

さらに、たくさんの人や多くの荷物を載せてしっかり走れるというのは、レジャーだけではなく仕事での活躍も大きく期待できます。

 

トラックなども2WDと4WDが用意されています。

 

そして日本車の中でもとくに4WD車は、その耐久性と信頼性から海外での人気も高く、需要があるのも特徴です。

 

 

 

いろいろな選択肢から車を選ぶ

 

このように4WDのほうが人気や需要が高く、査定も高くなる傾向があります。

 

ただし、愛車選びに関しては、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが最も大切です

 

4WDが当たり前だと思われているクロスカントリー車にも2WDは用意されているケースも多く、4WDのメリットを感じない場合は2WD仕様を選んでも問題ありません。

 

そのほうが燃費も良く、車両価格も抑えられるので、少しでも安く車を購入したいときには有利になります。

 

確かに4WD車はリセールバリューが高くなりやすいものの、必要ないもの、欲しくない車を買っても満足度は高くならないでしょう。

 

“高く売れるクルマ”が、あなたの最高の相棒になるとは限りません。

 

車選びは多くの選択肢の中からじっくりと考えて納得のいく答えを出したいものです。

 

 

トップへ戻る