ガラナが精力剤の成分として配合される理由について解説!

 

 

加齢と共に起こる精力低下、男性機能の低下の悩みを解決する手段として、やはり気になるのは精力剤ですね。

 

 

巷には様々な精力剤が販売されていますが、その成分の内の一つとして注目されているのがガラナです。

 

 

そんなガラナは体に悪影響を与えないのか?本当に精力・滋養効果があるのか?

 

 

知りたいと思っている男性も少なくないのではないかと思います。

 

 

そこでここでは、ガラナに含まれる有効成分とその精力向上効果について紹介していきます。

 

 

 

 

 

ガラナとは?その効果・効能

 

ガラナとは、ブラジルのアマゾン川流域が原産地で房状の小さく赤い実のある植物の名前です。

 

 

精神覚醒、疲労回復、スタミナアップ効果があると知られています。

 

 

ガラナには疲労回復効効果とスタミナアップ効果があるので滋養強壮に良く、血行を促進する働きにより精力アップ効果が期待できます。

 

 

またアンチエイジング効果やリラックス効果などもあり、その意味でも間接的に精力の回復を促してくれると言えます。

 

 

 

ガラナの有効成分と精力効果がある理由

 

ガラナは精力剤に配合されることのある植物ですが、実際にはどのような有効成分を含んでいるのかとその働きについて説明していきます。

 

 

ガラナのメイン成分は「ガラニン」でカフェインに似た働きをします。

 

 

ガラニン

コーヒーに含まれるカフェインとの相違としては、カフェインは体に吸収が早いのに対してガラニンは時間をかけて吸収される分即効性はありません。

 

 

ですが、身体に過度に刺激を与えることがないことから、カフェイン中毒などを起こす不安もなく安心して服用できるという特徴を持っています。

 

 

そしてガラニンには、興奮作用、強壮効果、疲労回復効果が期待できる成分です。

 

 

ファイトケミカル

さらにガラナには、テオブロミン、テオフィリン、カテキン、タンニンといったファイトケミカルが含まれているのが特徴です。

 

 

ファイトケミカルとは

 

植物などから発見された化学物質。 抗酸化力、免疫力のアップなど、健康維持・改善に役立つ可能性が注目され研究が進んでいる。

 

 

テオブロミンとはカカオにも含まれる成分で、自律神経に働きかけることでリラックス効果があるとされています。

 

 

過度の緊張は勃起障害の原因となるので、このリラックス効果も精力向上には必要な効果と言うことができます。

 

 

また、テオフィリンは中枢神経を興奮させる働きがあるので精力増強効果があると言えます。

 

 

タンニンには抗酸化作用があることから、生活習慣病の予防効果があるとされています。

 

 

この抗酸化作用により体を若々しい状態に維持することが出来、アンチエイジング効果できるため加齢による精力低下の防止に効果的です。

 

 

そのほかにも、ガラナには血糖値の上昇、脂質の吸収を抑える働きがあるカテキンも含まれていますから、肥満の予防、血流悪化のリスクを減らすことができます。

 

 

ちなみに血流が悪化すると勃起障害が起こるリスクが高まります。

 

 

 

ガラナを過剰摂取した場合の悪影響

 

含まれる成分を見る限りガラニンは安全性の高い植物と言えますが、過剰摂取には気をつけて下さい。

 

 

過剰摂取をした場合の副作用には排尿痛、腸管痙れん、嘔吐などが挙げられます。

 

 

あとカフェインと比較すると作用は穏やかで依存性も低いのですが、あまり継続して摂取すると習慣性があると言えます。

 

 

ガラナを配合している精力剤

 

ゼファルリン

 

 

実力派を厳選 精力&勃起力をアップする精力剤!

 

最高品質の男性用サプリを徹底解説!