高額車の買取ほど車の色で査定額が大きく変わる

高額車の買取ほど車の色で査定額が大きく変わる

 

 

昔から「買う車のボディカラーで迷ったら白にしておけ」などと言われます。

 

これは自動車のリセールバリューを考えたときに重要なことです。

 

とくに車両価格、買取価格が高くなる車ほど、ボディカラーが人気色であるかどうかは査定額に強く影響します。

 

 

 

人気色の価値を高める買い付け担当者の存在

 

車の定番人気色といえば、パール系を含む白、そして黒、この2種類です。

 

高級車でも低価格車でも、国産でも輸入車でも、車種によっても人気カラーはほぼ変わりません。

 

同じ車種で走行距離や年式などが同レベルの場合、人気色であるかないかで買取額に数万円以上の差がつくことは珍しくありません。

 

車の査定価格は市場の人気にプラスして、オートオークションでの落札相場が影響します。

 

つまり、各社の落札担当者(バイヤー)がどのくらい高値で買い付けているか?という動向が、買取店での査定額・見積額に反映されているということです。

 

人気車種で人気色の一台となれば、多くの仕入れ担当者はぜひ落札したいと考えます。

 

そんな車は高く売れることがわかっているため、オークションでも激しい競り合いとなり、結果高い落札額がつくことになります。

 

それが店頭価格にも反映され、ホワイトやブラックの中古車が欲しいユーザーは、言ってみれば割高な金額でその車を購入することになるのです。

 

車体色以外は他の車と一切変わらないにもかかわらず。

 

 

 

ボディカラーの違いが50万円以上になるケースも

 

人気色であるかないかの買取価格の差は、高額車になるほど大きくなります。

 

買取査定額が200万円を超えるほどの高額車であれば、ボディカラーで生じる価格差は10〜20万円以上になることもあります。

 

新車価格が500万円オーバーの高級車の場合、50万円以上になるケースもあるようです。

 

こうなると、よほどのこだわりがない限りは、白・パール・黒を選ぶのが正解と言えるでしょう。

 

もちろん売却するときのことなど考えず、乗り潰すつもりで購入するなら別ですが。

 

 

トップへ戻る